金利健司『定睦雄二人キリ』販売

金利健司 ムーニー劇場第二幕写真集『定睦雄二人キリ』を販売します。
特典ポストカードサイズのオリジナルプリント3枚付送料込み 6,840円。1月下旬の発送です。

ぜひこの機会にお求めください。

本書は「村の生活」「柿の木問答」「旅する阿部定」「睦夫の妄想」「愛するがゆえに」「惨劇」「半鐘」「晩鐘」の8章からなる写真集です。
阿部定事件の新聞を目にしていた想像力巧みな都井睦夫は妄想を膨らませ、定への思いを巡らせていった、というイメージで組み立ててみました。(金利健司後書きより)

*阿部定事件 1936年5月18日に阿部定が愛人の男性を扼殺し、局部を切り取った事件。
*都井睦夫  1938年5月21日に発生した大量殺人事件津山三十人殺しの犯人。横溝正史の小説『八つ墓村』のモチーフにもなった

ムーニー劇場第四幕「もしもし?こちら惑星」金利健司写真展にて見本をご覧いただけます。

 
12月14日(金)~24日(月)会期中無休 開廊時間13時~19時