野村恵子 [月刊 冨手麻妙 ~Ami Tomite~] 刊行記念写真展

野村恵子「月刊 冨手麻妙 ~Ami Tomite~」刊行記念写真展
9月27日(金)~10月6日(日) 開廊時間:13時~19時 会期中無休

野村恵子撮影による写真集「別冊月刊 冨手麻妙」(小学館刊 8月30日発売)の出版記念展を開催します。当廊にて写真集、また展示プリントの販売を致します。(ご購入プリントのお渡し,配送は会期終了後となります) 

野村恵子「月刊 冨手麻妙 刊行記念写真展 ~Ami Tomite~」於:神保町画廊

写真集「別冊月刊 冨手麻妙」写真:野村恵子 小学館より8月30日発売
園子温監督の「アンチポルノ」で主演、その後も園作品で重用され、様々な作品での体当たりの演技が魅力の冨手。今回はデビュー10周年という節目に、自身にとって大きな意味のあるものだというヌードの写真集に挑戦した。同作では、第28回林忠彦賞を受賞したばかりで、研ぎ澄まされた眼差しと優れた色彩感覚が評価されている写真家・野村恵子氏をカメラマンとして起用。ベトナムで行き当たりばったりの旅をしながら、勢いのある2人が体を張って向き合って生まれた、熱を感じさせる写真集となっている。


野村 恵子(ノムラ ケイコ)
兵庫県神戸市生まれ。同志社女子大学英文学部中退、ビジュアルアーツ専門学校・大阪を卒業。卒業後、渡米。ロサンゼルス、ニュ-メキシコ州・サンタフェにてワ-クショップ等で写真を学ぶ。99年に沖縄をテーマにした写真集『DEEP SOUTH』をリトルモアより刊行。同年、同名の写真展を渋谷パルコギャラリーにて開催。「コニカプラザ新しい写真家登場」年間グランプリ、99年日本写真協会新人賞、2000年東川賞新人作家賞を受賞。新刊はス-パ-ラボ出版より国内外で発売された「Otari-Pristine Peaks山霊の庭」。その他の写真集に『Soul Blue 此岸の日々』(Silver books/赤々舎)、など多数。個展開催数は50回を超え、グループ展も国内外にて多数参加。2016年、東京都写真美術館で開催された「東京・Tokyo」展に出展。2018年、入江泰吉記念・奈良市写真美術館にて写真展開催。現在、東京都在住。2019年、林忠彦賞を受賞。


冨手 麻妙(トミテ アミ)
神奈川県出身。2009年にアイドルグループオーディションに合格し芸能界デビュー。女優として生きることを決め、数多くの舞台を踏み経験を重ねる。『新宿スワン』『リアル鬼ごっこ』『みんな!エスパーだよ!』『東京ヴァンパイアホテル』、園子温監督作品に続けて出演し『アンチポルノ』では主演を務めた。2018年4月には『娼年』(三浦大輔)が公開され話題となる。Netflix「全裸監督」(8月8日より全世界独占配信)で冨手と共演した俳優・リリー・フランキーは「冨手麻妙の表情や身体には、物語がある。それはかつて、自分の傍らにいたような、そしてもはや、逢うこともできないような。妄想を紡ぐ、儚い物語がある」と、同作にコメントを寄せた。2019年、芸能界入りして10年目。今年公開される作品も多く、益々の活躍が期待されている。