2014年後半

酒井敦 写真百物語「河童の恋」

koi1
浮かれた河童の川流れ
橋のたもとで見上げるは
乱れし裾の白い足
河童の宿吉 里に出た
後家のお豊は湯浴みして
梳くのは髪か哀しみか
河童に化けた写真家作

 

12月5日(金)~12月21日(日)
神保町画廊での写真百物語のシリーズでは第2回目である「河童の恋」。
すべてモノクロのフィルムで撮影し、モノクロでプリントしたものをセピア彩色し、コットンにしみ込ませたインクで黄、緑、赤などを使ってぼかすように彩色していく。前回は大蛇が数多く登場したが、今回は写真家の酒井自身が河童などで登場している。これらは雑誌SMスナイパーで1997年から2003年まで不定期で発表されたもので、酒井が登場するシーンでは当時の編集長である渡邊安治がシャッターを切った。さらに風景や花の彩色写真も数点加わり、本展では30点の展示になる。
Jinbocho Gallery presents “A Kappa’s Love,” the 2nd showing from the Shashin Hyakumonogatari series.
All of his works are monochrome photographs layered over with sepia coloring.
Yellow, green, and red are applied later using ink which has been absorbed into cotton.
In his previous exhibition, many of his photographs featured a large snake, but this time photographer Sakai himself appears in various incarnations, such as that of a kappa.
These photos were originally published on an irregular basis in SM Sniper magazine from 1997 to 2003.
In pictures where Sakai appears, shutter operation was controlled by then SM Sniper editor-in-chief Yasuji Watanabe.
With the addition of landscape and floral photographs similarly given his unique colorization treatment, there will be over 30 works on display for this showing.
December 5 (Fri) – 21(Sun) Sakai Atsushi Exhibition “A Kappa’s Love”.
Gallery hours during the exhibition are 12:00-18:00 from Wednesday through Sunday (19:00 on Friday) The Gallery is closed on Monday and Tuesday.
Fantômes Japonais de Sakai Atsushi  Editeur:Le Lézard Noir (20 novembre 2014)

2014/12/03 に公開 11月20日にUstreamで放送された番組のダイジェストです。今回のゲストは写真家の酒井敦さん。一緒に出演頂いたのは、酒井さんが、雑誌「SMスナイパー」に不定期連載していた時に、編集長を務めていた、同じく写真家の渡邊安治さんです。


沢野ひとし「旅の彼方」

201310_007-thumb-670x488-47231
10月31日(金)~11月16日(日)
October 31 (Fri) – November 16 (Sun) Hitoshi Sawano Exhibition “The Distance Traveled”
Gallery hours during the exhibition are 12:00-18:0 (19:00 on Friday).The Gallery is closed on Nov 4,10,11.

村田タマ写真展「おもちゃ箱」

cmyk%e6%b0%b4%e7%8e%89%e5%af%9d_16053
10月10日(金)~19日(日)
いつもの童話や物語をイメージした作品とは違い、ポップでキュートな村田タマワールドの展示。
楽しげな空間でありながら、どこか悩ましい表情の写真が多いのは、カメラを通じて己と向き合う「苦悩」があるからだ。生きること、生み出すことの喜びと辛さを抱き、カラフルな世界に村田タマがどろどろと溶け込んでいく。
涙とともに溶けた海の底には、いつも「希望」があるからだ。(文/村田タマ)
Unlike the fable and fairy tale images of her past works, this exhibition will show the works of the poppy and cute Tama Murata.
While so many of the pictures portray an otherwise pleasant setting, one cannot help but notice the subtle expressions of melancholy. This is because the artist uses the camera to confront her own anguish. Embracing the pleasure and pains of living and creating, Tama Murata melts away into a viscous world of color.
With so many tears, she melts down to the bottom of the sea where there is always hope.
October 10 (Fri) – 19 (Sun) “Tama Murata Photo Exhibition”
Gallery hours during the exhibition are 12:00-18:0 (19:00 on Friday).The Gallery is closed on Oct 14

2014/10/28 に公開 10月10日にUstreamで放送された番組のダイジェストです。今回は、村田タマの個展「おもちゃ箱」から、村田タマと、その師匠の写真家、村田兼一さんをゲストに迎えてお送りいたします。神保町画廊の壁一面に貼付けられた、村田タマのセルフポートレイト。別名「ナルシストの壁」!!そんな村田タマ独特の創作の裏側に、モイラ、村田兼一が、突っ込みます!!


中島圭一郎写真展「緊 緩」

img_41922
9月14日(日)~28日(日)
September 14 (Sun) – 28 (Sun) “Keiichiro Nakashima Photo Exhibition”
Gallery hours during the exhibition are 12:00-18:00 (19:00 on Friday).The Gallery is closed on Sep 16 and Sep 22.

2014/10/09 に公開 9月23日にUstreamで放送された番組のダイジェストです。今回は、神保町画廊にて中島圭一郎さんの写真展「緊 緩」から、作品の被写体となったモデルさん、「ねねさん」「あみこさん」「ことのさん」の3人がゲストで出演しました。中島圭一郎さんは、声のみの出演です。


インベ カヲリ★ やっぱ月帰るわ、私。

%e8%a1%a81
8月22日(金)~9月7日(日)
August 22 (Fri) – September 7(Sun) ” Kaori Inbe Photo Exhibition”
Gallery hours during the exhibition are 12:00-18:00 from Wednesday through Sunday (19:00 on Friday) The Gallery is closed on Monday and Tuesday.

2014/09/16 に公開 8月29日にUstreamで放送された番組のダイジェストです。今回はインベ カヲリさんの個展「★ やっぱ月帰るわ、私」からゲスト:インベカヲリ 増田ぴろよ でお送りします。インベさんの新作写真集でモデルを務めたぴろよさん。彼女からの告白で、インベさんはタジタジです・・・


清田一樹写真展 「Dozy~Once more」

7月25日(金)~8月10日(日)
July 25 (Fri) – August 10(Sun) ” Kazuki Kiyota Photo Exhibition”
Gallery hours during the exhibition are 12:00-18:00 from Wednesday through Sunday (19:00 on Friday) The Gallery is closed on Monday and Tuesday.

dozy-jet-271
「ふたたび」
ひたすらフォーカスを外して被写体を凝視するのが、Dozyシリーズの手法である。つまり、ピンボケしたファインダースクリーンを一所懸命に見つめながら撮影するのだ。なぜそうなったか?は諸説あるが、色々な人から「お人柄が現れていますね」と言う好評?を頂いた事に尽きると言っておこう。展示毎にそれぞれテーマらしい物はあるが、被写体や季節、あるいは地域を限定したりと言った程度で、出会った光景をモノクロネガフィルム中に固定するという基本的な撮影作業の連続であり、取り立てて変わった事は無い。ただ、アウトフォーカスする事によって、細部の描写が失われ、グラデーションが作るフォルムだけが示される。緻密な描写がリアリティを生み出す写真に取って、この手法は一種の反逆かも知れないが、細部が見えない分、フォルムや陰影が持つ本質に鑑賞者の主観で触れる事が出来るのでは無いか?と思う。
2006年のシリーズ初個展から、毎年新作を発表していたのだが、諸事情により2011年の展示「Jet Airliner」で中断する事になってしまった。今回の展示では、過去の作品に新作を加えて、「ふたたび」というタイトルを付けた。
“Futatabi – Again”
Staring single-mindedly on the subject, the focus is shifted away. Such is the methodology of the “Dozy” series. Simply put, it is a matter of intently seeking to capture that slightly blurred image in the finder screen.How did this happen? There are some theories, and a number of people have told me that my personality is being expressed. Whether this is praise or not I’m not sure, so I’ll just leave it at that. It can be said that every exhibition comes with a theme, whether focused on objects, a season, or things particular to a certain region. I continued my basic camerawork, capturing the scenes I came across forever onto monochrome negative film.
I discovered that when a photo was out of focus, the details of the scene was lost, and a gradation appears that only film can produce.
Perhaps my method is the opposite of the photograph that exudes reality with exquisite detail, but I feel that the unseen areas and the ambivalent forms and shadows can tap into the subjectivity of the viewer. From my first solo exhibition in 2006, I released new work every year until various circumstances forced me to end the series with the 2011 exhibition “Jet Airliner.”
This exhibition will feature older as well as more recent works, and has been titled “Futatabi – Again”

2014/08/16 に公開  7月30日にUstreamで放送された番組のダイジェストです。今回は、清田一樹さんをお迎えして、展示の話と「モノクロフィルムのあるある」をテーマにお届けします。