2011年

根橋洋一展「乙女蒐集家」

Exif_JPEG_PICTURE

11月2日~11月19日
水晶のごとき瞳の魔力が誘う甘美の園 (文・相馬俊樹)
磨き抜かれた硝子玉のごとき大きな瞳が悦楽の魔法をかける。それは、直視した者を即座に麻痺状態に追い込み、蠱惑のうちに凍りつかせるだろう。そして、原色入り乱れる眩い少女の夢の国へと一気にさらってゆくだろう。 
 瞳の魔力を上手に操る少女は、その目を直視した者を石に化したという恐るべき女怪メデューサが、無邪気とうら若き美を得てよみがえってきたかのようである。恐るべき蠢く蛇の頭髪も、美しくメタモルフォーズした少女の姿においては、その揺らめきに蛇のうねりを留めつつも、瀟洒なウィッグを髣髴させる優雅を誇る。
 着飾った少女は、ぽっちゃりと弾力に富む果実を隠しながら、派手な色彩の衣服からのぞく冷たき魔性の肌で、小悪魔的な誘惑の遊戯に耽る。見る者は思わせぶりな悪戯の渦に呑まれて、目眩と陶酔のさなか、少女の幻夢の哀れな囚われ人となるだろう。熟した肉の色香と異なる、少女の肌の発散する不思議な甘き香りは、彼にとめどなくそそぎ続けられる。もはや、ふらふらと酩酊の境を彷徨うにいたるまで…
 少女の夢の王国ですべてを司るのは、当然のごとく、彼女自身である。だから、そこにみっしりと詰め込まれるものも、すべて、彼女のお気に入りのものばかりである。豪華なケーキやお菓子類や色鮮やかな花々が少女をとり囲み、塗り込められた華美な模様がその隙を覆い尽くす。ときに、それら原色の洪水は、少女を溺れさせるような勢いで押し寄せてくる。
  だが、忘れてはなるまい。この世界の主人はあくまでも彼女なのである。少女の無邪気なる狂気が甘美の過剰を呼び寄せ、目を射るほどの色彩の氾濫を引き起こしたとしても、少女趣味が少女に牙を剥き、甘美と色彩の無秩序が少女の夢を乱すことなどありえようか。 色彩の輝きはいかに暴走しようとも、少女の魅惑を飾り立てることを決して忘れはしない。そして、過ぎたる甘美は濃密の極みに達しようとも、色めく少女の芳香を消し去るようなことは断じてしない。双方ともに、忠実なる少女の僕なのだから。
 むしろ、色彩と甘美の濃縮は、少女のエロスのエッセンスと見事に融合し、一丸となって、見る者の感覚に投下されるだろう。囲われた幻想少女の園で、少女たちの繰り広げる妖艶な魔法に翻弄されながら、心地よい混乱と恍惚に身をゆだねようではないか。た。これは、ルネサンス新プラトン主義の総帥マルシリオ・フィチノが自らもメランコリアの苦悩の末、そこに高貴な瞑想と思惟の神的なる光輝を見出した精神と通じるだろう。そして、先日、氏から「今度の個展では久々にヌードを出します」と連絡があった。かつて、多くの愛好家を魅惑した、崩壊感覚を孕む、あのデカダン・ヌード!ただし、新作ヌード作品群は、アザー・ワールドから湧出したかのような幻想植物群に侵されている。裸体は頽廃と腐蝕に悲鳴を上げている。だが、やはり、そこには静謐にまぎれてエロスの光輝がはっきりと確認できはしまいか。

村田兼一写真展「少女に棲む魔法」

20110306_2230688
6月1日~6月19日
ロリータ風の衣装で完璧なファッション武装をきめた美少女たちが、幻想と奇想に満たされた不思議な屋根裏部屋に閉じこもり、きれいに剃毛された剥き出しの性器を光の横溢のなかにさらけだす。隙なくゆきとどいた清楚な身繕いを引き裂いて、みだらな肉の輝きが見る者の目を射る。ときに、くっきりとあらわにされた肉襞の輝きの中心から、光を放つように淫水の虹が弧を描き出すこともあるだろう。 静謐なる魅惑のざわめきを孕んだ拒絶と、エロスの狂乱を予感させる露出の過剰。これが、村田兼一が長年追求してきた構図のエッセンスであろう。 これら二つの要素、すなわち清楚の極みと官能の狂気は激しく相反しつつも、互いを刺激し合い、蠱惑の渦のなかで融合していく。少女たちは、村田兼一のエロティックな秘儀によって、みだらの衝撃を散布しながら、高貴のアウラを身に纏い、性の熱狂を秘めた女神のごとき天上的品位を獲得する。 村田兼一の最近の作を見て、彼のスタイルがついに固まりつつあるといった印象を受けた。洗練を積み重ねてきた独自の構図に無駄を排して究極の快美を凝縮し、エロスの熱を凝固させて封じ込める。模索を繰り返したエロティシズムのスタイルが確固となる。 もはや、極度の露出を特徴とする構図のパターン以外の作にも、彼のスタイルの粋は隅々にまで浸透している。純白のストッキングと長い手袋を身につけた、ほぼ全裸の少女が髑髏に手を添えて横たわる、彼にしては珍しい新作においても、その雪肌ごときまばゆい裸身のあらゆるところから、独自のエロティシズムのスタイルが滲み出しているとはいえまいか。 (文・相馬俊樹)

瓜南直子展 (NAOKO KANAN)

4月1日~23日
惚恍(こつこう)の物語に遊ぶ (金田一好平/アートライター)
老子によれば、「夷」、「希」、「微」というものがあって、それはそれぞれ「視ようとしても見えないもの」「聴こうとしても聞こえないもの」「捉えようとしても得られないもの」とあります。これらは追いかけても無駄で、結局「無」に戻ってしまい、その状態を「惚恍(こつこう)という」ともあります。瓜南さんの作品も、そんなところから生まれてきたものなのでしょう。彼女の作品には必ず深い物語性がありますが、そのお話はきっちりとした四角四面なものではなくて、それこそ夢の中を歩くようなもので、横にそれたり上に飛んだり、ぐるっと廻って同じところに顔を出したりするような物語です。「日本からはじまって中国に渡ったはずだけれど、いつのまにか……。でも、やっぱり日本かな?」。溜息で飛んでしまうように朧げな、ゆったりとした登場人物が棲む世界は、ひょっとしたら作品を観たひとの心の世界なのかもしれません。今回の10点程の作品には出版物の表紙になったものもあり、再度のお目見えという方もいらっしゃるかもしれませんが、このような時世だからこそ、夢の世界にしばし渡って、物語を追いかけて「恍惚」とすることも大切なことと思います。

untitled

もう一度 蜻蛉島の美しさを。(文/瓜南直子)
   孤児のような気持ちを味わっていた。ながい間、私ひとりが薄寒い現代にぽつんと生まれ落ちた気分でいた。
 いっそ明治の半ばに生まれて、先の戦争の前に死んでいたらよかったのに、などと思ってもいた。子供の頃から古典や歴史が好きだったけれど、それは記された遠い物語であり、いくらその世界にあこがれても、入ってゆくことはできない。書物の中に、なつかしい匂いを嗅ぐほどに、私は寂しかった。
  しかし二十年ほど前、ある小説を読んだのをきっかけに、自分が立っている時代から、地続きに時代を遡ってゆくコツをつかんだ。コツさえかつめばしめたもの。はずみをつけて明治から江戸、室町、平安…と遡って行った時、私は自分の体内に流れている日本という大いなる河を感じた。
  太古からの幾百層にも重なった時代のどこを掘り起こしてみても、そこに自分に似たものを見つけることができるようになった。万葉集や風土記、閑吟集、絵巻物を開けば、私の声でうたう人がいる。時には、虫やけものや魚だったり、老人や子供、何かの化身だったりと、姿をかえていても。
  神話の時代から、緑と岩清水に造形された、この奇跡のような島だけが持つことができたものがある。その感覚は誰もの内の深い処で、たしかな記憶として眠っている。それを掘り起こし、紡いでゆく。それが私の仕事だと思っている。そして、私が描くまでのながいながい「時」そのものを、絵の中に棲みつかせたいと思う。誰もが共有する内なる感覚にうれしくなるように。
  語り部のように物語を記し描いてきた祖先の末裔として、私はまだ語られていない、いわば拾遺を描いてゆきたい。
  今回展示している中に「封印」という作品がある。これは、面の中に閉じ込められていた娘が、まじないを解かれて初めて自分の目で世界を見た、と言うイメージを描いた。彼女の眼にはどう見えるのだろうか、沈みそうなこの蜻蛉の島は。
  どうかそのまっさらな目で、蜻蛉島の美しさをもう一度、島の人々に伝えておくれ。
  ここは、月と「かな」に護られた島だと、教えておくれ。

SELECTION-4 金子國義

%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc-%ef%bd%9e-oujo
1月19日-2月12日