階戸瑠李・笠井爾示写真展「そのまま、そのまま」

悩む私も、大胆な私も、きっと写ってる

2020年8月28日に急逝した女優・階戸瑠李。本展は彼女が写真家・笠井爾示と発表した写真集『BUTTER』(玄光社・2019年)の収録カットのほか、制作後も続いたセッションから未発表の写真を展示します。

階戸は『BUTTER』に「悩む私も、大胆な私も、きっと写ってる」と記したように、ありのままの自分をさらけだした作品であるとしていました。

それは被写体としての露出だけではなく、自らの想いを文章に綴り、写真のセレクトにも一から参加するなど、制作に深く関わったこともあったのでしょう(写真集のタイトルも階戸の発案によるもの)。そして写真をさまざまな形で発表することを望んでいました。その最たるものが写真展です。

本展は、笠井爾示、階戸担当マネージャーほか少数の有志が、彼女の意思を継いで企画。本展のために制作したオリジナルプリントを30〜50点ほど展示します。
会期は11月13日〜15日の3日間、入場料は無料。

なお会期中の11月14日には、一般の方が参加可能な“階戸瑠李を語らう場”(G-STARPRO主催)が東京某所にて開催されます。詳細はG-STARPRO(https://g-starpro.jp/)各SNSより後日発表予定です。

※多くの方にご来場いただきたい思いではありますが、会期や会場スペースなども限られているゆえ、献花や大勢でのご来場、長時間の在廊はご遠慮いただきますよう深くお願いします。


写真展詳細
会期:2020年11月13日(金)〜11月15日(日)
開場時間:13:00-18:00 入場無料
会場:神保町画廊 〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-41-7 https://jinbochogarou.com/
問い合わせ先:井上(G-STARPRO) t-contact@g-starpro.jp

11月14日の“階戸瑠李を語らう場” 詳細はG-STARPRO、また各SNSより後日発表予定です。

【お願い】
新型コロナウイルス対策のほか、ご来場いただく際には以下の点に留意ください
・ご来場の際には、コロナ対策の一貫としてお名前、連絡先の記入をお願いします(1カ月を目安に破棄をします。営業目的の使用はありません)。またスムーズな入場を推進する目的で事前ウェブ登録を推奨しております。登録は以下よりお願いします。
 事前ウエブ登録フォーマット https://bit.ly/2IhC232
 
・記入の拒否や高熱がある場合などは入場をお断りします。何卒ご了承ください
・ご来場の際にはマスク着用をお願いします
・密集を回避するため入場制限を行う可能性があります
・会場スペースの都合上、献花等は固くお断りします


階戸瑠李(しなと・るり)
1988年生まれ、石川県出身。上智大学文学部卒業。2013年に『ミスFLASH』グランプリを受賞。グラビアを中心に活躍し、2016年から本格的に俳優業に進出。映画『君にあえたら 妻の恋人』『娼年』、ネットフリックス『全裸監督』など話題作に立て続けに出演。2020年にはテレビドラマ『半沢直樹』での好演が話題となった。同年8月持病により死去(享年31歳)。

笠井爾示(かさい・ちかし)
写真家。1970年生まれ。95年に初の個展『Tokyo Dance』を開催。写真家ナン・ゴールディンに見出され、97年に同名の写真集を新潮社より出版。以降、音楽、ファッション、カルチャー誌など、エディトリアルの分野で活躍。CDジャケットやグラビア写真集も数多く手がける。近作に『東京の恋人』『羊水にみる光』がある。