2020年

MOIRA写真展『Primavera』
9月18日(金曜日)‐26日(土曜日) 会期中無休 13時~19時


2019年~2020年にかけて一年間撮りためた12名のモデルさんによるヌードの写真展。
シリーズ名は”comfortable nude”。心地のよいヌードを軸にモデルさんの持つ魅力や個性、雰囲気を生かした作品になっています。


櫻田宗久写真展 「水晶をとこ 瞑想をどり」
9月4日~13日 神保町画廊と路地と人の2会場にて同時開催

★路地と人 16時~21時 水曜日休廊 神田三崎町1-15-9
★神保町画廊 13時~19時 会期中無休 神田神保町1-41-7
水晶や花、ガラスなどiPhoneのレンズ越しに携えて様々な場所で男性ヌードを撮影した作品です。

★路地と人、神保町画廊でのイベントスケジュール 19時半~
4日 垣花克輝 (コンテンポラリーダンサー)によるダンス
5日 神保町画廊より櫻田宗久によるオンライン展示作品紹介
6日 窪田美樹 (彫刻家)とのライブトーク
7日 大木裕之 (映像作家、現代美術家)とのライブトーク
       このよのはる (うたっておどれる似顔絵ユニット)のライブ
10日 イーガル(作曲家、ピアニスト)のライブ
11日 新井英樹(漫画家)とのライブトーク


七菜乃写真展 -裸体というドレス- 
8月14日(金)-30日(日) 月火休 13時-19時

芸術新聞社刊『七菜乃写真作品集 裸体というドレス』出版記念。フィルム撮影によるセルフポートレートの新作を中心に写真集の中よりピックアップ、更に未掲載の作品数点による展示構成となっております。
Nananano Photo Exhibition “Nudity,my dress.”


大槻香奈個展「2020年の夏祭り」-FANBOX感謝祭・名古屋編-
開催期間:7月31日(金)〜8月2日(日)

開催場所:メゾン シンテンチ(名古屋・大須)


笠井爾示写真展「今日みかけた花 2020.4.7-5.25」
会期:7月17日(金)‐26日(日) 会期中無休 13時-19時

コロナ期間中は人を撮ることを避けた。かわりに、ひたすら近所の路上で花を撮っていた。

Kasai Chikashi Photo Exhibition


村田兼一写真展
「Five years ago, I encountered the muses.~女神たちとの邂逅」

6月19日(金)~7月5日(日)

私は2015年、北見えりさんをはじめ数人の女神たちに出会った。
当時「魔女の系譜」という連載をフォトテクニックデジタル誌でしていて、魔術的なものアニミズム的なものを題材に撮影をしていた。モデルたちに求めるのは巫女的な、シャーマン的な存在感だ。しかし撮影していて彼女から感じたのは「内包する巫女的な無垢さ」と「神々と渡り合い、祟り神ですら鎮め多産や豊作を導き出すのでは?」と思わせる力強さだった。 村田兼一


大槻香奈写真展「2020年 東京観光」
5月29日(金)~6月7日(日) 会期中無休 13時~19時
関連イベント:チェキ郵送企画/リモートレセプション/リモートお茶会/チェキ郵送企画/PIXIV FANBOX支援者さま対象プレゼント
2020 May 29(Fri)-June 7(Sun) Kana Ohtsuki Photograph Exhibition“2020 Tokyo sightseeing”


「しあわせのにおいがする」兎丸愛美・塩原洋写真展 
3月20日(金)-4月5日(日) 月火休 13時-19時

Mar.20-Apr.5  
Manami Usamaru & Hiroshi Shiohara Photo Exhibition“Smells like happiness”

※兎丸愛美・塩原洋写真展は営業自粛の為3月31日に中断しました


小林修士写真展「re-flection」
2月28日(金)~3月8日(日) 会期中無休 13時-19時

Feb.28-Mar.8 Shuji Kobayashi Photo Exhibition“re-flection”

私と彼女の間にはカメラがあり空間がある。
この空間には何もないように見えるが、チリや埃が舞っていれば空気や光もある。
この距離は縮まる事はあってもなくなる事はない。
私にできる事はカメラで彼女を光と共に記憶するだけだ。


アクリル板の反射越しやソフトフォーカス、クロスフィルターなど光学的な方法で光を演出するこの作品は「re-flection」というタイトルで8年近い年月をかけて撮影を続けてきました。
撮影を開始した当初はアクリル板に映る反射越しに撮影するという方法のみを使っていたので、「反射」を意味する「re-flection」というタイトルを付けました。その後、撮影を重ねる中でアクリル板だけでなく、光学式のフィルターも使うようになり作品の雰囲気も少しづつ変わっていきました。
この手法を用いた理由は画面上の演出なのですが、同時にアクリル越しの写り込みやフィルターにより可視化された光が被写体を包み込みはっきりと見えなくなる事で、幻想的で現実から離れた「距離」のようなものを感じる事ができるのではないかと思ったのです。
長年かけて多くの作品を撮影してきましたが、今回は初期のアクリル板を用いた作品の一部と、様々なフィルターを使うようになった中期から後期の作品を中心に展示をします。


小林修士プロフィール
1989年、渡米。アートセンター・カレッジ・オブ・デザイン写真学科卒業。1996年よりフリーランスとして活動を開始。ロサンゼルスをベースにハリウッドのセレブリティの撮影をする。2011年に帰国し、現在は雑誌や広告等で日本の俳優、タレント、ミュージシャンの撮影を中心に活動中。2016年3月個展「left behind -残されたもの-」開催。2017年9月に玄光社より写真集「密会」刊行。神保町画廊にて個展「密会」(2017年)及び「続・密会」(2018年)開催。


P.M.Ken“crosspoint”
2月20日(木)~24日(月・祝) 会期中無休 13時~19時

作者の母国である日本と他国のそれとよく似た風景写真を合成した作品“クロスポイント”シリーズを展示します。絶妙な組み合わせによってそれぞれの土地が交差する作品は必見です。

Feb.20-24, P.M.Ken Photo Exhibition“crosspoint”  ピー エム ケン クロスポイント

Blanche,Shian-Bashi パリ北部モンマルトルの繁華街にあるブランシェ駅辺り。近くにキャバレームーランルージュも。思案橋は長崎市浜町アーケードの南東にある歓楽街。

Mont Saint-Michel,Gunkan-Jima ノルマンディー、カトリック巡礼地のひとつであるモンサンミシェルと長崎軍艦島


インスタグラムの恋人たち Ⅱ 2月7日(金)-16日(日) 会期中無休 13時-19時


【参加モデル】COCO/岸明日香/清水あいり/高橋凛/鶴巻星奈/夏本あさみ/西原愛夏/渡辺万美/和地つかさ

写っているのは私、選ぶのも私。あなたに見せたい、私を詰め込んだ濃密な世界を― 2019年5月にご好評いただきました写真展の第二弾! モデルが自らセレクトしたお気に入りプリントを直筆サイン入りで展示します。


ムーニー劇場第五幕『ムーニーパラダイス』
1月17日(金)-26日(日) 13時-19時 会期中無休