村田兼一写真展「姫君と心臓の女神様」
12月2日(金)~18日(日)
月・火休廊 13時~19時

 昔々とある国の姫君は、他の女官たちと違いバラ色の頬を持たず、また人の心が分からないことを悩んでいました。小さな頃から、自分には「心臓と言うものがない」と女官たちの噂を耳にして、「それで私は人の心が分からない」と小さな胸を痛められていました。
 年頃になった姫君に多くの求婚者が現れても心はときめかず、恥じらいで頬も紅くはなりません。悩んだ姫は心臓の女神さまに夜毎涙ながらに祈りました。
「私に心を宿すという心臓をください」と。(本文より抜粋)

※ご来廊時に手指消毒、マスクの着用をお願いしております。Please wear a mask, use hand sanitizer entering.
※祝花、差し入れは会場の都合でお預かり致しません。