展示


新型コロナ感染症対策のご協力お願いの為、ご案内等にご不便をおかけする場合がございます。入店時はマスクの着用、アルコールでの手指の消毒をお願いします。店内の人数によっては時間をずらしての入店をお願いする場合がございます。入店時は保健所提出用にお名前、ご連絡先のご記入をお願いしています。1カ月を目安に破棄をします。営業目的の使用はありません。
Please wear a mask. Due to the recent situation relating to the coronavirus pandemic, there may be reason for medical authorities to contact you with regards to your health. Please write your name, contact information, and entrance time. Your personal information will be held on file for 30 days, after which it will be properly disposed of. Your personal information will not be used for marketing or provided to third parties.


※祝花、差し入れは当日持ち帰ります。持ち帰れないサイズのもの、要冷蔵のもの、ビン類はご遠慮いただいています。


しあわせのにおいがする 
兎丸愛美・塩原洋写真展 

5月7日(金)-23日(日) 13時‐19時 月火休 

昨年の展示が中止になってから、ぽっかりと穴があいてしまったような気持ちになりました。しあわせのにおいがするだなんて、なにをきれいごと言ってるんだわたしは、と思うことも正直ありました。写真を撮らなくなりました。わたしは写真に命を守られているので、写真がなくなったらほんとうにからっぽな人間になってしまう。それが嫌でわたしは無理やりでもほかにすきなものを見つけて、写真以外のことに目を向けようとしていました。それはわたしにとってよいことなのだと思っていました。
でもある日、友人になにげなくこの話をしたら「そういう人生のほうがいいよ」と言われて、ハッとして、忘れていたことを思い出すように、わたしはまた少しずつ写真をはじめることにしました。不穏な日々はあいかわらずつづいているけれど、そのなかで小さなしあわせを大切にすることしかわたしたちは前を向いて生きていくことができないのだと思います。わたしにとってしあわせを与えてくれるものは写真でしかないのです。
久しぶりの撮影は、ストロボの光も太陽の光も、これからのわたしを明るいほうへ導いてくれる希望のように感じました。はだかの写真を撮られるとき、わたしはそれをヌード写真だと思わない、いのちの風景写真だと思っています。生きていることは美しくすばらしいです、生きているだけでうれしいです、あなたが毎日笑っていてくれたらもっとうれしいです。 文/兎丸愛美

※今年撮った新作を含め、途中中止した2020年3月の展示「しあわせのにおいがする」を再構成しました。


村田兼一写真作家25周年記念展 6/4-20 月火休